ここから本文です

台米合作の医療ドキュメンタリー、アジア30カ国・地域で放送へ/台湾

中央社フォーカス台湾 7/13(水) 14:45配信

(台北 13日 中央社)米国の「ディスカバリーチャンネル」は20日、外交部と共同制作した医療ドキュメンタリー番組を台湾で初放送する。番組はアジア30カ国・地域でも放送される予定。

外交部によると、番組では難病「ポンペ病」の治療、メガネ型情報端末を利用した手術など、台湾が世界に誇る先端技術のほか、台湾の医療チームがカンボジアや西アフリカのサントメ・プリンシペで病気の治療や予防に取り組む様子も紹介される。

同部とディスカバリーチャンネルはこれまでに、台湾が題材のドキュメンタリー番組を計8シリーズ制作し、高い評価を受けている。

(唐佩君/編集:杉野浩司)

最終更新:7/13(水) 14:45

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。