ここから本文です

幻のCD-ROM搭載スーパーファミコン用新作ソフト『Super Boss Gaiden』が登場

インサイド 7月13日(水)16時38分配信

https://www.youtube.com/watch?v=Agvd-mZzorI

【関連画像】

海外メディア「Nintendo Life」にて、CD-ROM搭載スーパーファミコン用の新作ソフト『Super Boss Gaiden』が登場していると報道されています。

CD-ROM搭載スーパーファミコンは、任天堂とソニーが協力して制作していたプレイステーションの原型となるゲームハード。残念ながらこの世に出回ることはありませんでしたが、その試作機が発見された際には話題になりました。

今回は、CD-ROM搭載スーパーファミコン用ソフト『Super Boss Gaiden』が公開されています。ジャンルとしては16bitのレトロなアクションゲームとなっており、“CD-ROM搭載スーパーファミコンの試作機が一般市民の手に落ちた”と聞いたソニーのボスが暴れるといったストーリーが展開されていきます。

作中にはお馴染みのキャラクターらしき存在も多数登場。このハードの境遇も合わせて複雑な印象を抱くことでしょう。なお、制作者の詳細については明かされていないようです。

最終更新:7月13日(水)16時47分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。