ここから本文です

丸山五輪ヘッドコーチが語った「全英」「五輪」そして「松山」

東スポWeb 7月13日(水)10時0分配信

 松山は心配ない――。日本の松山英樹(24=LEXUS)を含め、世界の強豪が相次いでリオデジャネイロ五輪辞退を表明する中、男子ゴルフは世界最古のメジャー「全英オープン」(14日~)を迎える。今年と同じロイヤル・トルーンGCで行われた1997年大会で10位に食い込んだ丸山茂樹リオ五輪日本代表ヘッドコーチ(46=セガサミーHD)は、どう見ているのか。今年の「全英」と「五輪」を本紙に語った。

 ――ロイヤル・トルーンの印象は

 丸山:距離がそれほどなくて、日本人にもやれるコースなのかなとは思っていますね。今回は7190ヤード、パー71。ボクが10位になった1997年に比べれば、100ヤードぐらいは延びてるけど、最近の米ツアーの距離を考えれば長くはない。あの年は日本で4勝して、自分自身の調子が良かったからというのもあるかもしれませんけど。倉本(昌弘)先輩が4位(82年)になったり、(日本ツアー11勝の)トッド・ハミルトンが勝ったり(2004年)、なんとなく縁もある。

 ――日本人選手は8人が出場する

 丸山:「セガサミーカップ」「日本プロ」で連勝して、谷原(秀人=37、国際スポーツ振興協会)はいい流れだし、逆に(「日本プロ」で)予選落ちした(宮里)優作(36)や(池田)勇太(30=日清食品)はいい休みを取れて頑張るかもしれない。まあ、そんなに甘くないかもしれないし、こればっかりは、やってみないと。

 ――松山はこのところ苦戦が続いている

 丸山:タイガー・ウッズ(40=米国)じゃないんだから、ずっとトップ10に入り続けるわけありませんよ。今は歯車が合わなくてスコアが出ていないだけ。誰にだってあることだし、その繰り返しがゴルフでしょう。ボクは全然、気にしていないですけどね。

 ――全英でも心配はない

 丸山:結果は分からないけど、(直近のラウンドの)「ブリヂストン招待」の最終日は3アンダーですからね。ヘタな人間は回れませんよ。

 ――その松山が五輪欠場を決めた

 丸山:その分、メジャーで頑張ってもらうしかないですね。五輪は個人戦だし、行きたい人が行けばいい。こういう状況で勇太みたいに五輪を前向きに捉えてくれる選手はありがたいですよ。

 ――女子も含めてのヘッドコーチでもある

 丸山:ボクが(渡辺)彩香ちゃん(22=大東建託)に行ってほしいと思っていた感じになってるけど、肩入れしてるわけじゃないからね。(五輪出場権を獲得した)大山さん(志保=39、大和ハウス工業)だって最後のチャンスだという強い気持ちがあったと思う。もし、ボクが代表を選べるなら(野村)敏京(23)と(宮里)美香ちゃん(26=NTTぷらら)を推していたかもしれない。ずっと米国でやってるので、一番慣れているだろうからね。

 ――米ツアーでの経験は、それだけ大きい

 丸山:日本で11試合連続トップ5のイ・ボミ(27=韓国)が「全米女子オープン」に行くと、手も足も出ずに予選落ちでしょう。メディアの皆さんは男子ツアーにばかり厳しいけど、世界とのコースセッティングの差とか、女子も同じように抱えている問題なのかなと思いますね。

 ☆まるやま・しげき 1969年9月12日生まれ。千葉県出身。日本大学を経て92年プロ入り。93年には「ペプシ宇部興産」でプロ初優勝を飾った。2000年から本格参戦した米ツアーでも2年目の「ミルウォーキー・オープン」で初優勝。日本人男子最多の3勝を挙げている。02年「全英オープン」では優勝に1打差の5位と日本人男子初のメジャー制覇に迫った。昨年9月にリオ五輪日本代表のヘッドコーチ、今年3月には日本ゴルフツアー機構の相談役に就任。ジュニア育成にも力を入れている。169センチ、73キロ。

最終更新:7月13日(水)11時0分

東スポWeb