ここから本文です

Bose、二階堂和美、小山田圭吾ら参加のKIDS DAY BAND、CD&7inchアナログを発売

CDジャーナル 7月13日(水)17時9分配信

 二階堂和美がヴォーカルを務め、ラップをBose(スチャダラパー)、ギターを小山田圭吾(Cornelius)、ドラムをASA-CHANG、ベース&コーラスを大野由美子(Buffalo Daughter)が担当し、プロデュースは高木 完という豪華メンバーで結成された“KIDS DAY BAND”のCDシングル(MFI-001 648円 + 税)が8月10日(水)にタワーレコード限定で発売。8月26日(金)には7inchヴァイナル(JS7S-137 1,600円 + 税)も発売されます。

 KIDS DAY BANDは、今年5月5日の子どもの日に東京・多摩 サンリオピューロランドで開催されたキッズ・フェス〈KIDS DAY〉のために結成されたスペシャル・ユニット。今回リリースされるCDとアナログには、当日も披露された同イベントのテーマ・ソング「だいだい大好き だきしめたい」を表題曲として収録。サンリオの人気キャラクターが踊るミュージック・ビデオも公開されている同楽曲は、軽快なスカ・ポップのアレンジに乗せて、親から子への愛情を歌ったハートウォーミングなナンバー。子育てに奮闘する親の気持ちをリアルに描きつつ、ポップに昇華しています。ジャケット・イラストは、五月女ケイ子による描き下ろし。

最終更新:7月13日(水)17時9分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。