ここから本文です

<HKT48穴井千尋>涙のラストステージ「今振り返れば全てが宝物」 新キャプテンに松岡菜摘

まんたんウェブ 7月13日(水)14時35分配信

 アイドルグループ「HKT48」の1期生で、チームHキャプテンを務めた穴井千尋さんが11日、福岡サンパレスホール(福岡市博多区)で開幕した「HKT48夏のホールツアー2016~HKTがAKB48グループを離脱?国民投票コンサート~」の初日公演で、今月31日の卒業を前に最後の舞台に立った。

【写真特集】HKT48まさかの欅坂46デビュー曲も 初日公演の様子

 アンコールで穴井さんは「今、すごく寂しいですけど、すごく幸せです。5年間つらいことも楽しいこともたくさんあったけど、今振り返れば全てが宝物です。今日こうして大好きなメンバーたちに囲まれながら大好きなファンの皆さんに見守られながら、こんなすてきなステージでラストを迎えることができて、すごくうれしいです」とあいさつ。最後にメンバーと観客から「今 君を想う」の大合唱が送られ、涙のステージは幕を下ろした。

 この日のライブは「欅坂46」の「サイレントマジョリティー」でスタート。意表を突くオープニングに会場からはどよめきも起こった。ユニット曲では穴井さんがフィーチャーされ、苦楽を共にした1期生の松岡菜摘さんや本村碧唯さん、兒玉遥さんと歌うユニット曲も披露されたほか、穴井さんが「私は私」をソロで歌唱。客席からは盛大な「ちーちゃん」コールが送られた。また、チームHキャプテンの後任も発表され、副キャプテンを務める松岡さんが新キャプテンに任命された。

 ◇穴井さんのコメント

今、すごく寂しいですけど、すごく幸せです。5年間つらいことも楽しいこともたくさんあったけど今振り返れば全てが宝物です。今日こうして大好きなメンバー達に囲まれながら大好きなファンの皆さんに見守られながら、こんなすてきなステージでラストを迎えることが出来て、すごくうれしいです。

ファンの皆さんはいつも全力で応援してくれて、いつも支えてくれました。そんな皆さんがいたから、今の私がいること…本当に感謝しています。私のことを見つけてくれて本当にありがとうございます。

これから不安なこともたくさんあるかもしれませんが、この5年間を思い出せばどんなつらいことでも乗り越えられると信じています。これからは、みんなとは違う夢に向かって、違う道を進んでいくけれど、変わらず大きな夢を持って、また少しずつ前に進んでいきたいと思います。これからもHKT48の応援をしていただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

最終更新:7月13日(水)15時49分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。