ここから本文です

【オーストラリア】豪保険クリアビュー、日中韓企と資本提携

NNA 7月13日(水)8時30分配信

 オーストラリアの生命保険・資産管理会社クリアビュー(ClearView)は、日本や韓国、中国の中規模保険会社との資本提携の可能性を検討している。11日付地元各紙が伝えた。
 クリアビューは5月、5,000万豪ドル(約39億円)の株主割当増資を実施し、同社株式の53%を保有するプライベート・エクイティー企業クレセント・キャピタル・パートナーズの株式売却に向けた新たな買い手を模索するため、モルガン・スタンレーを引受業者に指名した。これに先立って、株式の約5%を保有するギャリー・ワイス会長も買収の可能性を検討するため辞職していた。
 クリアビューの株式時価総額は6億2,500万豪ドル。共同創業者であるサイモン・スワンソン社長は、オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューに対し、売却先候補は国内にはないとした上で、「事業の長期ビジョンを支持してくれる相手が理想的。北東アジアの中規模保険会社や資産管理会社なら相乗作用が大きい」と述べ、日中韓の保険会社に焦点を絞っていることを示唆した。
 同社長は、人口増加が著しく金融サービスセクターが急成長しているオーストラリアは、人口の伸びが減速している国の生命保険会社にとっては非常に好ましい市場であるとの考えを示している。また、オーストラリア証券取引所への上場を廃止し、株式を非公開化する選択肢も検討する用意があるとの立場を明らかにした。

最終更新:7月13日(水)8時30分

NNA