ここから本文です

【夏休み2016】東大レゴ部が直接指導、ブロック球体作りに挑戦

リセマム 7月13日(水)19時45分配信

 レゴランド・ディスカバリー・センター東京(LDCT)は8月1日~31日までの期間、夏休み特別イベントとして東大レゴ部との初コラボレーション企画「東大レゴ部伝統のブロック球体を作ろう!」を毎日2回開催する。対象は小学生で、イベントへの参加は無料。

関連画像を見る

 LDCTと東大レゴ部がコラボレーションするのは今回が初の試み。子どもの発想力やクリエイティブ力を育てることを目的に、LDCTにて開催しているレゴ教室「マスター・ビルダー・ワークショップ」の特別バージョンとして開催する。

 イベントでは、2007年の東大レゴ部創業時より代々受け継がれている「ブロック球体」作りに挑戦。世界で16名しか認定されていないプロのレゴ職人マスター・ビルダー大澤よしひろ氏が、東大レゴ部から直接作り方を教えてもらい、小学生向けにアレンジした内容にチャレンジする。球体を6つのパーツに分け最後に組み立てることで、合計162ピースからなる「ブロック球体」が完成する。

 イベントの所要時間は45分、期間中は毎日2回開催する。定員は各回30名。参加費は無料だが、LDCTへの入場料が別途必要となる。

◆夏休みイベント「東大レゴ部伝統のブロック球体を作ろう!」
期間:8月1日(月)~8月31日(水)
会場:レゴランド・ディスカバリー・センター東京(デックス東京ビーチ アイランドモール内)
営業時間:平日10:00~20:00、土日祝日10:00~21:00(最終入場は閉館の2時間前まで)
対象:小学生
定員:各回30名
参加費:無料(別途入場料が必要)
入場料:当日チケット2,300円(オンライン前売りチケットや親子チケットなどもあり)
※大人のみの入場不可

《リセマム 畑山望》

最終更新:7月27日(水)17時41分

リセマム