ここから本文です

優秀賞は米国NYへ招待「IBMメインフレーム・コンテスト」受付は9/2まで

リセマム 7月13日(水)20時45分配信

 日本IBMは、学生向けのプログラミング・コンテスト「IBMメインフレーム・コンテスト2016」の開催を発表した。参加資格は、日本国内の高校、大学、大学院、専門学校に在学中の学生であること。コンテストの応募締切日は9月2日。

関連画像を見る

 メインフレーム・コンテストは、全世界で開催されるIBMメインフレームのスキル習得を目指した、学生向けのプログラミング・コンテスト。2005年の開催以来、これまでに58か国からのべ8万8千人の学生が参加している。日本では2015年に初めて開催され、全国から248名の学生が参加した。

 参加者は、個人のパソコンから米国のIBMメインフレーム環境にアクセスし、スクリーンショット付きのガイドに沿って課題に取り組む。最後に「クレジットカードの決済処理システムのプログラムを作りなさい」などのような、実際の業務システムを想定した課題プログラムを、最終課題として開発する。プログラミングの経験がなくても、チャレンジできる内容だという。

 コンテストの順位は、最終課題で作成するプログラムの品質で競われ、 IBMのエンジニアがプログラミングの品質を審査。優秀賞受賞者には、 副賞として米国ニューヨークツアー招待が授与される。

 参加資格は、日本国内の高校、大学、大学院、専門学校に在学中の学生で、受賞の際にプロフィールの公開が可能であること。申込みは、IBMメインフレーム・コンテスト特設サイト内のフォームから申し込む。応募締切りは9月2日。

 IBMメインフレーム・コンテストの特設サイトでは、2015年のコンテスト結果や、授賞式の動画などを見ることができる。

◆IBMメインフレーム・コンテスト2016
応募期間:9月2日(金)まで
コンテスト実施期間:7月25日(月)~9月16日(金)
参加資格:日本国内の高校、大学、大学院、専門学校に在学中の学生/受賞の際にプロフィールの公開が可能であること
結果発表・表彰:9月下旬予定
賞:優秀賞(2~3名を予定)、メインフレーム賞(パート2をクリアした全員)、チャレンジ賞(パート1をクリアした全員)
※優秀賞受賞者は副賞として米国ニューヨークツアーに招待(訪問先はラスベガスに変更の場合あり)
※メインフレーム賞・チャレンジ賞受賞者にもそれぞれIBMオリジナルグッズの副賞を進呈

《リセマム 塩田純子》

最終更新:7月13日(水)20時45分

リセマム