ここから本文です

ゲイリー・オールドマン、『裏切りのサーカス』続編に再び出演!

cinemacafe.net 7月13日(水)14時30分配信

ゲイリー・オールドマンが『裏切りのサーカス』続編に再びジョージ・スマイリー役で出演する。

【写真】ゲイリー・オールドマン/フォトギャラリー

『ダークナイト』三部作や『エアフォース・ワン』、『ハリー・ポッター』シリーズ、『ハンニバル』など数々の作品に出演してきたゲイリーは、『裏切りのサーカス』のそのスパイ役でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされていた。

ゲイリーは「The Daily News」紙のインタビューの中で続編について「僕はまた戻ってきたよ。いま話し合いをしているところさ。脚本も出来上がっているけど、撮影はいつからかはまだ分からないね」と語り、再出演のニュースを発表している。

第1弾『裏切りのサーカス』は1970年代のロンドンを舞台に繰り広げられる作品で、ビル・ヘイドン役のコリン・ファース、イギリス秘密情報部のリーダーであるコントロール役としてジョン・ハート、次官のオリヴァー・レイコン役でサイモン・マクバーニー、ピーター・グラム役のベネディクト・カンバーバッチ、リッキー・ター役のトム・ハーディ、バーシー・アレリン役としてトビー・ジョーンズらが出演していた。ジョン・ル・カレの1974年作「テインカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」を基にした第1弾は、冷戦の最中にイギリス秘密情報部に紛れ込んだソ連の二重工作員を探し出す姿を追う物語だった。

続編はカレのスマイリー三部作の3作目「スマイリーと仲間たち」を基に制作されることになっており、この小説は以前アレック・ギネス主演でミニシリーズとして放送されたこともある。この作品では、ヨーロッパに侵入しようとしているスマイリーの最大の敵であるソ連のある工作員を捕まえるよう、次官レイコンが再びスマイリーに任務を命ずる。

そして、ゲイリーは前回スマイリー役を楽しく演じていたものの、2回目を演じるのにプレッシャーも感じているようで、「ジョージ役を演じたいなと思っていたよ。でも、怖いよね。だってもっと良く演じなくてはいけないからね」とインタビューに続けている。

最終更新:7月13日(水)14時30分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。