ここから本文です

『らくがきカードバトル撃墜王』全国のアミューズメント施設ほかで本日稼働開始!

ファミ通.com 7月13日(水)12時52分配信

●描いた絵が戦闘機になってゲーム画面に飛び出し、戦う!
 カードに描いた絵が戦闘機となって戦う、セガ・インタラクティブのファミリー向けアミューズメントマシン『らくがきカードバトル撃墜王』。同タイトルが、本日2016年7月13日より、アミューズメント施設やショッピングセンターで順次稼動を開始した。

 以下、リリースより。

----------

 『らくがきカードバトル撃墜王』は、カードに描いた絵が戦闘機となって飛び出し戦う、ファミリー向けお絵かきアミューズメントマシンです。ゲームは簡単で、お絵かきカードに好きな絵を描くか、ぬり絵カードに色を塗ってスキャンすると、画面上で絵が戦闘機になってカードから飛び出し、複数の戦闘機とバトルを繰り広げ「撃墜王」を目指します。
 子供が大好きな「カード」「お絵かき」「競う」「戦う」がたっぷり詰まった、小さなお子様から大人まで、ファミリーで一緒に遊べる新感覚ゲームです。

<ゲームの特徴>
◆描いた絵が飛び出します
 お絵かきカードで好きな絵を描くか、ぬり絵カードに色を塗ってカードをモニター画面に置くと描いた絵がスキャンされて戦闘機になって飛び出します。
 描いた絵は上手い下手で強さが決まらないので、小さなお子様から大人まで平等に戦えます。
◆簡単プレイ
 操作は簡単。描いた戦闘機は自動で飛んで、攻撃します。ボタンを連打することで連射攻撃が可能です。シンプルな操作性なので、小さなお子様でも楽しめます。
◆6人同時プレイ可能
 仲間や親子で6人まで同時に楽しめます。6人揃わない場合でも、それまでに描かれた戦闘機がCPU機として登場し、6機で戦闘する仕組みとなっています。

最終更新:7月13日(水)19時35分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。