ここから本文です

<真剣佑>出演ドラマに感涙 「胸を打たれました」

まんたんウェブ 7月13日(水)16時59分配信

 俳優の真剣佑さんが13日、東京都内で行われた17日スタートのTBS系の日曜劇場「仰げば尊し」のイベントに、主演の寺尾聰さんら主要キャストとともに登場し、舞台あいさつを行った。この日、観客と一緒にドラマを観賞した真剣佑さんは「ウルウルきてしまって、胸を打たれました」と照れ笑い。さらに学園ドラマに「憧れていた」ことを明かした上で、「これまでの学園ものとは一味も二味も違う、感動できる作品です」とドラマへの思いを語った。

【写真特集】ゆるふわヘアーの多部ちゃんがかわいい 石井杏奈はブレザー姿で 

 「仰げば尊し」は、1980年代に神奈川県立野庭高校を全国有数の吹奏楽部の強豪校に育てた中澤忠雄さんの実話をモチーフとしたドラマ。事故の後遺症で音楽に背を向けていた元サックス奏者の教師・樋熊迎一(寺尾さん)が、荒廃した高校で夢を失った問題児と真正面から向き合う姿が描かれる。多部未華子さんが迎一の娘・奈津紀を演じ、生徒役として、真剣佑さん、村上虹郎さん、北村匠海さん、佐野岳さん、太賀さん、ダンス・ボーカルユニット「E-girls」の石井杏奈さんも出演する。

 ドラマは「ROOKIES」「JIN-仁-」「とんび」「天皇の料理番」などの平川雄一朗さんが監督を務め、「ROOKIES」「南極大陸」などのいずみ吉紘さんが脚本を手がけていることも話題を呼んでいる。真剣佑さんと同じく観客と一緒にドラマを観賞した村上さんは「このドラマは『ROOKIES』ではありません」とニヤリ。「この作品が好きだと単純に思いましたし、それを皆さんにも広めていただけたら」と笑顔でアピールしていた。ドラマは17日から毎週日曜午後9時に放送。初回は25分拡大版。

最終更新:7月13日(水)18時17分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。