ここから本文です

オリックス西が日本ハム止めた!渾身7回148球

デイリースポーツ 7月13日(水)6時59分配信

 「オリックス4-3日本ハム」(12日、京セラドーム大阪)

 こん身の力を込めた148球目でオリックス・西が中田を押し込んだ。同点の七回2死二、三塁の大ピンチ。前打席で一発を食らい、ここでも10球粘られた相手をスプリットで三ゴロに打ち取り、思わずほえた。

 その闘志が打線に伝染したかのように七回、女房役・若月の二塁打から安達の決勝適時打へとつながった。安達が守りでも美技を連発すれば、西の後を受けた吉田一、平野が1点を守りきって勝利。日本ハムを止めた。

 「いつか止まると思っていましたけどきょうで良かった。打者のおかげです。リリーフも。いいチームだと思います」

 これで自身3連勝。金子をしのぐエースへと期待されたが、5連敗と苦しんだ右腕が巻き返してきた。

最終更新:7月13日(水)7時56分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]