ここから本文です

魚を釣ってたらGoProが釣れた! → 中身を見たら、水没するまでの一部始終とカニが写っていた

ねとらぼ 7月13日(水)10時10分配信

 釣り人が海からデジタルカメラを釣り上げるという珍事が、海外で起こりました。発見者のDan Roseさんは落とした人に伝えるために、カメラに残された動画をYouTubeで公開しています。

【メモリーカードに残っていたのは……カニ?】

 発見された機種は、Woodman Labsのウェアラブルカメラ「GoPro HERO3+」。2013年に発売されたモデルで、現在は生産が終了しています。Dan Roseさんは7月5日に釣りへ行ったときに、水没していたカメラを釣り上げたそうです。

 同製品には防水性能があるものの、長期間海水に浸かっていたため機械としては機能しませんでした。しかし挿入されていたSDメモリーカードのデータは無事。日付が2015年8月13日の動画ファイルに、撮影者が誤って海に落ち、カメラが水底に沈んだ顛末(てんまつ)がはっきりと残っていました。

 水没したあとも撮影は続いており、約30分の動画が残っていたそうです。内容のほとんどが、たゆたう海草だったようですが、近寄ってきたカニがカメラを眺める様が映っています。

 Dan Roseさんは動画の最後で、「カメラは修理不能だが、この映像を持ち主に返したいので拡散してほしい」と呼びかけています。

最終更新:7月13日(水)10時10分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]