ここから本文です

BUMP OF CHICKEN新曲、ドラマ主題歌に!日曜劇場「仰げば尊し」

シネマトゥデイ 7月13日(水)11時42分配信

 人気ロックバンド BUMP OF CHICKEN の新曲「アリア」が、17日スタートのテレビドラマ「仰げば尊し」(TBS系)の主題歌に決定した。

 ドラマ「仰げば尊し」は、石川高子の小説をベースに、ドラマ「ROOKIES ルーキーズ」を手掛けた演出の平川雄一朗と脚本のいずみ吉紘が再びタッグを組んで、元プロミュージシャンとはみだし者扱いされる学生たちの心の交流を描く。主人公である元サックス奏者・樋熊迎一を寺尾聰が演じる。その娘・奈津紀役に多部未華子のほか、真剣佑、村上虹郎、石井杏奈、北村匠海ら若手俳優陣が共演。

 本作の主題歌「アリア」は、2012年9月リリースのシングル「firefly」以来4年ぶりのドラマ主題歌。BUMP OF CHICKEN のメンバーは「このようなオファーをいただき大変光栄でした。いつも通り自分たちのベストを尽くして、やらせていただこうと思いました。僕達にも友人や周りの人たちに支えられた学生時代があったので、このドラマがどのようなストーリーで展開されていくのか、とても楽しみにしています」とコメントした。

 また、プロデューサーの佐藤善宏は「繊細な歌声にのる切なくも力強いメロディに、いつも心動かされてきた憧れのバンプに主題歌をお願いできることになり、スタッフ、キャストも非常に喜びました。爽やかなのに青春時代の甘酸っぱさも感じる素敵な主題歌が出来上がったと思います」と述べている。(編集部・小泉裕嗣)

日曜劇場「仰げば尊し」は7月17日夜9時よりTBS系で放送スタート

最終更新:7月13日(水)13時46分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。