ここから本文です

「クルマを置かないショールーム」をメルセデスがオープン

レスポンス 7月13日(水)13時0分配信

メルセデスベンツ日本(MBJ)とカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の子会社CCCマーケティング(CCCMK)は、協業プロジェクトの第1弾として、代官山 蔦屋書店内に「メルセデスベンツ ライフスタイル ラウンジ」を期間限定でオープンすると発表した。

[関連写真]

メルセデスベンツ ライフスタイル ラウンジは、デジタルツールを活用しメルセデスブランドを体験できる「クルマを置かないショールーム」。今回プロトタイプとして、代官山 蔦屋書店内に、7月13日~9月13日の期間限定でオープンする。VR(仮想現実)やコンフィギュレーター、デジタルサイネージを活用した製品体験、メルセデス関連書籍やオリジナルグッズの展示などを通じ、クルマとともに暮らす上質なライフスタイルを提案する。

ラウンジ内には、メルセデスに詳しいプロダクトエキスパートを配置し、製品に関する質問に答える。また、メルセデスベンツおよびスマートの無料試乗プログラム「トライアルクルーズ」を展開する。さらにオープンを記念し、7月13日から15日までの3日間、Tサイト ガーデンギャラリーにて、過去/現在/近未来/未来の4つの時代に分けて、メルセデスベンツ130年の歴史と、これからのライフスタイルを予感させる展示を行う。

また、今回の取り組みの開始にあわせ、7月15日より、自動車ブランドとしては初めて、オリジナルデザインのTカードを全国のメルセデスベンツ正規販売店およびメルセデスベンツ コネクションで発行を開始する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7月13日(水)13時0分

レスポンス