ここから本文です

39degrees、再会歌った新曲「reunion」MV

音楽ナタリー 7月13日(水)12時0分配信

39degreesの新曲「reunion」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「reunion」は7月27日発売のミニアルバム「All For Bearing Hardship」に収録される、再会を歌ったエモーショナルな楽曲。MVではバンドの演奏シーンと、歌詞の日本語訳を堪能することができる。

あわせて「All For Bearing Hardship」のジャケット、クリハラコウキ(B, Vo)からのコメントも公開された。

クリハラコウキ(B, Vo) コメント
「海がきこえる」という映画を久しぶりに見たら、歳をとったからか、昔とは違う感情が胸に残った。何気なく過ぎていく日々、とまではいかないけど、いつの間にか過ぎていることが多い日々。全部投げ出したいことではないけど、少し荷物が多すぎる気もする。あの日言いそびれたこと、こんだけ時間が経ってもまだ、言いそびれていると思っているということ。なんだか色んなことがグルグル巡っているけど、どうせまたすぐギュッとマイク握ってるような人間です。あの映画のあのシーン、俺だったら、シンプルにあいつに会いたくなるんだろうな、って思ったよ。CD出します。ツアー行きます。俺は、俺らは、会うことでしか決着つけれないみたいなんだ、なぁ、俺ら、また会えるみたいだよ。実はまだ馬鹿正直にバンドやってます。

最終更新:7月13日(水)12時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。