ここから本文です

【日産 プロパイロット】坂本副社長「普及できるし普及させたい」

レスポンス 7月13日(水)14時8分配信

日産自動車は7月13日、自動運転技術の「パイロット」を発表した。高速道路内の単一車線で、車両が判断しながら加減速とステアリングの操作をして走行する。8月下旬に全面改良して発売する『セレナ』に初搭載する。

[関連写真]

ステアリングに装備されたボタンで自動運転モードに切り換え、ドライバーがセットした速度を上限に、前方車に追随走行する。渋滞時や長時間の巡航走行での利用を想定している。セット可能な作動域は30~100km/hで、車線の中央を走る機能も備える。

渋滞時のステアリング、ブレーキ、アクセルの全てを自動でサポートする技術は日本メーカーでは初という。車両の前方センサーは、イスラエル社製の単眼カメラを採用している。システムの価格などは未公表。

記者会見した開発部門担当の坂本秀行副社長は「普及してきた自動ブレーキより、はるかに高い安全性が確保できる。普及できるし、普及させたい」と語った。

《レスポンス 池原照雄》

最終更新:7月13日(水)14時8分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]