ここから本文です

Microsoft、Surface+Office 365を法人顧客にリースする「Surface as a Service」

ITmedia ニュース 7月13日(水)7時40分配信

 米Microsoftは7月12日(現地時間)、開催中のパートナー向け年次カンファレンス「Microsoft Worldwide Partner Conference(WPC)」において、昨年立ち上げた法人顧客向けプログラム「Surface Enterprise Initiative」の新サービスを発表した。

Surfaceシリーズ

Surface as a Service

 「Surface as a Service」(サービスとしてのSurface)は、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)のように、同社のオリジナルハイブリッド端末「Surface」シリーズを定額料金で提供する法人顧客向けサービス。

 顧客は、Windows 10、Office 365、クラウドサービス、関連するISVソフトウェアが使える状態に設定された最新モデルのSurfaceを利用できる。

 Surface as a Serviceは、Surface Authorized DistributerでもあるCloud Solution Providers(CSP)を通じて提供する。まずは、欧州のCSPであるALSOが提供を開始し、今後グローバルに展開していく。

IBMとの提携でアナリティクス応用の業界固有アプリを提供

 米IBMとの提携により、IBMアナリティクスを採用するビジネスアプリを提供する。まずは金融業および小売業向けのビジネスアプリを、Surface上のWindows 10に最適化して提供する。

 IBMは米Appleとの提携で法人顧客にMacやiPadを販売している。今回の提携では、アプリは提供するがSurfaceの販売はしない。

国際購入プログラム

 「Surface Multi-National Purchasing Program」により、グローバル企業が世界の支社や支店で使うSurfaceを一括購入できるようにする。まずは4社の公式パートナー(CDW、Insight、SHI、Zones )で開始し、段階的にパートナーを増やしていく。

 Microsoftによると、Surface事業は順調に拡大しており、かつては10億ドルの受注に1年かかったが、現在は1四半期で10億ドルの売り上げがあるという。

最終更新:7月13日(水)7時40分

ITmedia ニュース