ここから本文です

日本ハム逆転のカギ握るのはこのチーム

東スポWeb 7月13日(水)16時34分配信

【伊勢孝夫「新IDアナライザー」】日本ハムの連勝は15でストップ。中田に一発が出ながら、12日のオリックス戦(京セラドーム)に3―4と敗れたが、前向きに考えれば、いい“負け時”だ。

 14日から球宴休みに入るから、たとえ前半最終の13日のオリックス戦に負けても連敗だけで終わる。連勝の反動というのは必ず来る。15連勝後にそこからまだカードが続き、負けが続いてしまったら、連勝した意味がない。球宴を挟むことで、負けるタイミングとして良かったんじゃないかと思う。節目がすぐ来ると、また仕切り直しができる。その意味では日本ハムに追い風かもしれない。10日のロッテ戦(札幌ドーム)で右手中指のマメを潰した大谷にしても、ローテを1回飛ばすくらいじゃ済まないかもしれないわけだから。長丁場を戦う中で、運も味方につけなければいけない。

 日本ハムは投手力がいい。特に宮西、マーティンと、リリーフ陣がしっかりしている。打線も全体的にコンパクトにバットを振る。栗山監督は以前、私に「6回以降、接戦に持ち込めば、ウチは機動力が使えるから、勝機がある。先発が早めに潰されるとソフトバンクには勝てない」と言っていたけど、この連勝中は、いい戦い方ができていた。ソフトバンクにも前回の対戦(1~3日、ヤフオクドーム)で3連勝したように、巨大戦力相手でも付け入る隙はある。

 しかし、2球団のマッチレースになるとしんどい。3位のロッテが頑張って、三つどもえの展開になれば日本ハムは、やりやすくなる。これ以上、ゲーム差を広げられず、下位チームに負け越すようなことがなければ、勝機はある。日本ハムの逆転Vのカギはロッテが握っているといってもいい。(本紙評論家)

最終更新:7月13日(水)18時43分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]