ここから本文です

バンダイ、「プレミアムバンダイ」のインフラ刷新、処理性能10倍以上に

ITmedia エンタープライズ 7月13日(水)8時29分配信

 日本オラクルは7月12日、バンダイがECサイト「プレミアムバンダイ」のシステム基盤を刷新し、オラクルの「Oracle Exadata Database Machine」やデータベースセキュリティ製品群が採用されたと発表した。

【その他の画像】

 バンダイでは、今回のインフラ刷新で平均処理性能が10倍以上に向上した。従来は約4時間かかっていたバッチ処理が約10分で完了し、サイト限定商品の発売などでアクセスが大幅に集中する際のレスポンスの低下課題も解消したという。

 バンダイのECサイト「プレミアムバンダイ」は2009年にオープン。オンライントランザクションが増大を続けており、今後のグローバル展開も視野に、従来構成による性能を上回るシステム基盤を検討。データベース処理の高速化と運用の簡素化の観点からOracle Exadataを導入し、Oracle Exadataのバックアップ基盤として統合ストレージ製品「Oracle ZFS Storage ZS3」も採用した。

 さらにバンダイは、「Oracle Advanced Security」などのデータベースセキュリティ製品群も導入している。データの暗号化にはOracle Advanced Security、秘とく性の高いデータに対するシステム管理者のアクセス制御では「Oracle Database Vault」、監査・監視対応に「Oracle Audit Vault and Database Firewall」、テスト環境のセキュリティ対策に「Oracle Data Masking and Subsetting Pack」を利用する。これによって個人情報保護法のガイドラインに求められる要件を満たし、多様なセキュリティリスクにも対応できる体制を整えたという。

 今回の例に見られるように、システム基盤の刷新や大幅な改修では、処理性能の向上とともにセキュリティレベルの向上がプロジェクトに組み込まれるようになってきた。今後はECサイトのみならず、大量の個人情報を扱う企業のデータベースセキュリティについての関心が高まるとみられる。

最終更新:7月13日(水)8時29分

ITmedia エンタープライズ