ここから本文です

小倉キャスター 都知事候補に「リオで五輪旗をもらうのは誰が似合うか」

デイリースポーツ 7月13日(水)11時0分配信

 小倉智昭キャスターが13日、フジテレビ系「とくダネ!」で次期の都知事について触れ、「リオ(五輪)で旗もらうのに、誰が一番似合うのかね」とコメントした。現地へも足を運ぶほどの五輪ファンで知られる小倉キャスターだけに、2020年東京五輪の顔ともなる次期知事を選ぶ、都知事選の行方は大いに気になるようだ。

 小池百合子元防衛相が「究極の後出しジャンケン」と称したジャーナリストの鳥越俊太郎氏の出馬表明に対しては、「今まで野党の候補は浮かんでは消え、浮かんでは消えていたんですが、最後に鳥越俊太郎が出てきて、小池さんや増田さんにとっては、一番の強敵が最後に出てきた」と説明。

 都知事選の行方については、「自民党の支持者、あるいは浮動票がどれだけ小池さんの方にいくのかで全然、読みが変わってくる。あるひとに聞くと、鳥越対小池じゃないか、というひともいるぐらいで。小池さんがどれぐらいの票を持っているのか、やってみないと分からない」と話していた。

 リオ五輪は8月5日に開幕。次期開催都市の首長は、開会式や閉会式に参加するのが慣例となっており、閉会式では五輪旗を受け取る。なお、都知事選の日程は14日告示、31日投開票となっている。

最終更新:7月13日(水)11時6分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。