ここから本文です

OKIエンジニアリング、車載用LSIの試験体制を強化

レスポンス 7月13日(水)15時30分配信

OKIエンジニアリングは、パワー温度サイクル試験設備を増設し、車載用LSIの信頼性試験基準である「AEC-Q100規格」に準拠した試験を強化した。これによりLSIメーカーの車載関連商品の開発に寄与する。

[沖電気工業ホームページ]

「AEC-Q100規格」が多くの自動車メーカーに採用されているため、自動車分野に進出する半導体メーカーは製品を同規格に対応する必要がある。これに伴って自社の試験設備や技術者が不足することから、試験を外部委託するケースも増えている。

同社は従来から同規格対応の試験サービスを提供してきたが、今回、特に要望の多い「パワー温度サイクル試験」の設備を増強した。

また、パワー温度サイクル試験にはLSIを断続動作させる試験治具が必要だが、製品ごとに用意する必要があり、LSIメーカーにとって障壁となっていた。

同社では、試験治具の設計、製作も含めてワンストップで試験サービスを提供し、顧客ニーズにスピーディーに対応するとしている。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:7月13日(水)15時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]