ここから本文です

Google、Android Autoの日本でのサービス開始…VW、ホンダ、日産などが対応

レスポンス 7月13日(水)16時30分配信

Googleは7月13日、Android Autoの日本でのサービス提供を開始した。

[関連写真]

Android Autoは、車載インフォテインメントシステムを拡張するためのサービス。対応する車やカーナビにAndroid搭載スマートフォンをUSBケーブルで接続することで、スマートフォン内のアプリなどをナビ画面上で操作できる。

GoogleマップやGoogle Play Musicを音声操作で使うことができ、ドライブ中にハンドルから手を離さずに、目的地を選ぶだけでなく目的地付近のお店をチェックしたり、好みの音楽を流すことができる。また、Googleハングアウトを使用することで、音声でメッセージを送受信することもできる。他にも音楽配信アプリ「AWA」などがAndroid Autoに対応するアプリも多数配信されている。

Android Autoは2014年に米国で発表し、2015年に最初の対応モデルが発売されて以降、現在では40以上の自動車メーカーや車載機メーカーによって、100種類以上のモデルが対応。日本ではVW『ポロ』や『ゴルフ』など10車種31モデルのほか、アウディ、マセラティ、ホンダ、日産が対応。パナソニックも新型カーナビのストラーダ「CN-F1D」で対応する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7月13日(水)16時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]