ここから本文です

ダイムラー暫定決算、税引き前利益は5.6%増…第2四半期

レスポンス 7月13日(水)16時45分配信

ドイツの自動車大手、ダイムラーは7月11日、2016年第2四半期(4‐6月)の暫定決算を明らかにした。

画像:メルセデス ベンツ スプリンター

同社の発表によると、メルセデスベンツなどグループ全体の第2四半期の利払い・税引き前利益(EBIT)は、39億7300万ユーロ(約4600億円)。前年同期の37億6400万ユーロに対して、5.6%増えている。

増益となったのは、小型商用車やバス事業の好調さによるもの。第2四半期のEBITは、小型商用車事業が前年同期の1.9倍の4億6200万ユーロ、バス事業が前年同期の1.6倍の8900万ユーロと伸びた。

一方、主力のメルセデスベンツ乗用車部門の第2四半期のEBITは、22億0900万ユーロ。前年同期比は1.1%のマイナスだった。

ダイムラーは7月下旬、2016年第2四半期の正式な決算を公表する予定。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7月13日(水)16時45分

レスポンス