ここから本文です

世界PC出荷の減少続く(米国は数四半期ぶりの増加)──Gartner、IDC調べ

ITmedia ニュース 7月13日(水)10時34分配信

 米調査会社のGartnerおよびIDCは7月12日(現地時間)、2016年第2四半期(4~6月)の世界PC出荷に関する調査結果をそれぞれ発表した。いずれも数四半期連続の前年同期比減だが、米国市場はプラスになっている。

米国では教育機関によるChromebook採用が拡大している

 米国市場がプラスなのは、ドル高の影響と、法人や教育機関による買い替え時期であるためと両社はみている。PCにChromebookを含めているIDCは、教育機関によるChromebookの購入が大きいとしている(GartnerはChromebookをPCに含めていない)。

 いずれの調査でも、米Appleがメーカー別ランキングでシェアを落としている。同社はしばらくMacBookの新モデルを出していないが、年内に「MacBook Pro」の新モデルを発売するといううわさがある。

 Gartnerの調査では、同四半期の世界におけるPCの総出荷台数は前年同期比5.2%減の6430万台。7四半期連続の減少になる。米国のみが増加だった。

 メーカー別ランキングは以下の通り。中国Lenovoは首位を守ったが、5四半期連続でシェアを減らした。2位以下は、HP Inc、Dell、Asus、Apple、Acerの順。

 IDCの調査では、総出荷台数は前年同期比4.5%減の6240万台。米国および日本は増加だった。IDCは、Windows 10への無償アップグレード期間が終了する第3四半期にはPCの買い替えが進むと期待している。

 メーカー別ランキングの順位はGartnerと同じだ。

最終更新:7月13日(水)10時34分

ITmedia ニュース