ここから本文です

日本ハムが来場者にカブトムシ贈る カブトムシゆかりとのコラボも 2軍本拠地・鎌スタで

デイリースポーツ 7月13日(水)13時57分配信

 日本ハムは13日、2軍本拠地の千葉・鎌ケ谷スタジアムで行われる18日・イースタン・巨人戦で「C☆Bバースデー」を実施。地域事業の一環として小学生以下の子供たち先着100人に、市内及び球場施設内の一角で育てられたカブトムシの成虫100匹をプレゼントすると発表した。

 これも鎌ケ谷市、市内梨農家、鎌ケ谷スタジアムの三社共同で進めている「生まれも育ちも鎌ケ谷~カブトムシプロジェクト」として、午前10時30分より球場外三塁側芝生エリア特設ブースにて整理券が配布される。また当日は、2014年より「鎌スタ☆カブトム市特別親善大使」に就任し、5月中旬に自らのエッセイなどを綴った「カブトムシゆかりの虫活!虫と私の○○な生活」(文一総合出版)で話題を集めている人気タレントのカブトムシゆかり(27)も来場し、イベントに花を添える。

 市内の小学校でカブトムシ授業の講演を行い、地域資源の発掘に一役買っているという鎌スタの社員兼キャラクターの「DJチャス。」は、「いい年こいて言うのもなんだけど、最近は女性ファンを通り越えてすっかりちびっ子たちのアイドルになっちゃってね。意外かもしれないけど、鎌ケ谷のカブトムシは甘みが強く栄養分の多い梨の枝を好み、梨の剪定(せんてい)枝チップの中に卵を産みつけ大きく育つんだ。カブトムシと言えば、ゆかりさんに鎌ケ谷!地域の新たな誇りにして欲しい」とすっかり教育者の顔になりながら、いつになく神妙にイベントをPRしていた。

最終更新:7月13日(水)14時47分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報