ここから本文です

ミスターアマ野球、杉浦氏が和歌山大会で始球式 「五輪を目指してくれれば」

デイリースポーツ 7月13日(水)14時12分配信

 「第98回全国高校野球選手権和歌山大会・1回戦 箕島-向陽」(13日、紀三井寺野球場)

 和歌山大会が開幕し、元日本生命野球部監督でバルセロナ五輪から3大会連続で日本代表に選出され、「ミスターアマ野球」と呼ばれた杉浦正則氏(48)が始球式を務めた。

 和歌山県九度山町出身で、高校時代は橋本のエースとして紀三井寺のマウンドに上がった杉浦氏。「緊張しました。間違っても高めに行かないように」と現役時代さながらの意識でボールはやや引っかかったものの、アウトローに決まった。

 五輪に3大会連続で出場し、オリンピック通算5勝は最多記録。「ミスターアマ野球」の異名を取った右腕は、2020年の東京五輪で野球が復活することを受け、「五輪を目指してくれる選手が1人でも出てきてくれればうれしい」と高校球児にエールを送った。

 また選考についても「プロアマの問題はあると思うけど、プロだけじゃなくアマの中からも全体的に選考してほしいと思っています」と語った。

最終更新:7月13日(水)15時6分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。