ここから本文です

北米ほか一部地域で配信中の『Pokemon GO』、各種ランキングを席巻! これを受け、任天堂株は急騰

ファミ通.com 7月13日(水)18時31分配信

●任天堂株は一時ストップ高になるほど
 位置情報を活用し、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたり……といった体験が楽しめるAndroid/iOS向けゲームアプリ『Pokemon GO』。日本ではまだ配信されていないが、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドでは、2016年7月7日に配信がスタートしている。また、ドイツでの配信も2016年7月13日にスタートした。

 アメリカのApp Store、Google Playのランキングでは、ダウンロードランキング、売上ランキングともに1位を獲得しているほどの人気。

 また、イスラエルのIT企業“SimilarWeb”の発表によれば、『Pokemon GO』のデイリーアクティブユーザーの数は、Twitterに迫るほどの勢いになっているとのこと。

 SimilarWebは、アメリカでは7月8日の段階で、アメリカの全Androidユーザーの5.16%の人が『Pokemon GO』をインストールしていると述べている。
 加えて、ダウンロードした人の60%以上が毎日『Pokemon GO』を利用しているとのこと。アメリカの全Androidユーザーの約3%の人が、毎日『Pokemon GO』をプレイしているということになる。

 この『Pokemon GO』の好調を受けて、任天堂株が急騰。7月11日には、一時ストップ高となった。

最終更新:7月13日(水)18時31分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。