ここから本文です

澤野弘之、虚淵玄総監修の人形劇サントラ担当

音楽ナタリー 7月13日(水)13時39分配信

アルバム「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 オリジナルサウンドトラック」が8月24日にリリースされる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」は、TOKYO MXほかで現在放送中の人形劇。「魔法少女まどか☆マギカ」などで知られる虚淵玄が原案・脚本・総監修を務め、音楽を澤野弘之が制作している。今回リリースされるのは、澤野の手がけた劇中曲を集めたサウンドトラックCD。全18曲が収録されている。

最終更新:7月13日(水)13時39分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。