ここから本文です

ハウステンボスに「ロボットの王国」誕生 ロボットのレストランや体験型ミュージアムなどの複合施設に

ねとらぼ 7月13日(水)11時17分配信

 ハウステンボス(長崎県佐世保市)は7月16日から、ロボットシェフが出迎えたり最先端のロボットを展示・体感できる国内初のロボット複合施設「ロボットの王国」をスタートする。

【ロボットに搭乗して戦う】

 2015年7月にロボットがメインスタッフとして従事する「変なホテル」をオープンしているハウステンボスでは、「ロボットの王国」が6つ目の王国となる。オープニング企画には「機動戦士ガンダム スペシャルシアター」を期間限定で開催する予定とのこと。

 「変なレストラン ROBOT」は、“200年後のレストラン”がテーマ。機械化によりロボットとなった店長が、人間に憧れて取り仕切る。入口にはIBMが開発した「ワトソン」搭載のレストランコンシェルジュロボの他、お好み焼きロボ(料理長)、バーテンロボ、ソフトクリームロボなど全10種30体のロボットがお出迎えする。

 ロボットと遊んだり操縦できる体験型ミュージアム「ロボットの館」では、家庭用ロボットを展示・販売するほか、ロボットによるステージショーも。ステージでは「プリメイド AI」「MANOI」「KONDO KHR」がダンスを披露する。また、操縦可能な搭乗型ロボット「バトルキング」をはじめ、子ども向けのロボットショップや手軽に挑戦できる工作体験教室なども。

最終更新:7月13日(水)11時17分

ねとらぼ