ここから本文です

【ゼロワン「火祭り」】将斗が前年Vの耕平を撃破

東スポWeb 7月13日(水)16時38分配信

 ゼロワン真夏の祭典「火祭り」12日の東京・新木場大会で、弾丸男・田中将斗(43)が昨年度覇者の佐藤耕平(38)を撃破。“地獄の3連戦”全勝へ弾みをつけた。

 田中はここまで1勝1分け。一方の耕平は開幕2連勝と波に乗っている。序盤からお互いにペース無視の激しい展開となり、最後は田中が粘る耕平をスライディングDで沈めた。

 火祭り史上最多となる通算5度目の優勝に向けて無敗をキープした弾丸男は、「ケガ上等」の悲壮な覚悟を胸にリングに臨んだ。新木場3連戦(12~14日)は耕平戦を皮切りにジェームス・ライディーン(28)、大谷晋二郎(43)ら優勝経験者との公式戦が組まれたからだ。

「この3連戦、故障を気にして勝てる相手ではない。壊れてもいいつもりで全試合全力で戦う」と田中。さらには「火祭り刀には一番熱い男が選ばれる。将軍岡本(32)とか近寄るだけで暑苦しいのはいるけど、レスラーとして一番熱いのは俺」と改めて熱く優勝を誓った。

 またセミでは田中と並んで過去4度の優勝を誇る大谷が、フジタ“Jr”ハヤト(29)に敗れる波乱が起きた。

最終更新:7月13日(水)18時44分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。