ここから本文です

台湾イケメン俳優ワン・ダールー、大の”韓国好き” 「1年に3回は訪韓、愛情は人並み以上」

WoW!Korea 7月13日(水)14時57分配信

台湾のイケメン俳優ワン・ダールー(王大陸)が、大の”韓国好き”であることを明かした。

 ワン・ダールーは13日午後、ソウル梨花大学サムソンホールで開催された「2016ソウルファンミーティング」公式記者会見で、「1年に3回は韓国を訪れる。愛情は人並み以上」と語った。

 また「韓国には美味しいものが多いし、美女も多い。韓国映画もおもしろい作品ばかり」と説明した。

 ワン・ダールーはこの日午後7時30分よりファンミーティングを開催し、韓国ファンの前に登場する。無料ファンミーティングを企画したことについて、ワン・ダールーは「映画『私の少女時代(我的少女時代)』がまだ上映中だと聞いている。正式に感謝の言葉を伝えたいと思い、無料ファンミーティングを企画した」と経緯を伝えた。

 一方、ワン・ダールーは昨年、映画「私の少女時代」で男性主人公を演じた。同作品は台湾で4億台湾ドル(約12億円)に達する売上げを記録し、ボックスオフィス1位を達成した。

最終更新:7月13日(水)14時57分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。