ここから本文です

【ルノー トゥインゴ 新型】小回りの効く走りとゆとりの室内空間…189万円より

レスポンス 7月13日(水)19時0分配信

ルノー・ジャポンは、新型『トゥインゴ』を9月15日から発売すると発表した。

3世代目となる新型トゥインゴは、従来のFFをやめ、RR(リアエンジン・リアドライブ)を採用。これまでエンジンを積んでいたフロント部に生まれたスペースを利用し、タイヤの切れ角を49°まで増やし、最小回転半径はクラストップレベルの4.3mを実現した。

[関連写真]

パワートレーンは最高出力90ps、最大トルク135Nmを発生する0.9リットル直列3気筒ターボエンジンと6速エフィシエントデュアルクラッチ(EDC)の組み合わせ。アイドリングストップ機能やエネルギー回生機構なども備え、軽快な走りとともに、21.7km/リットル(JC08モード・インテンス)の低燃費も実現している。

フロントマスクは、ルノーのデザインアイデンティティであるブラックグリルとロザンジュエンブレム、折り目を思わせるプレスラインの入ったポリプロピレン製ボンネット、「目」を連想させる大きなヘッドライトが特徴。さらに、丸型の4灯LEDポジションランプとバンパー下部に設けられた大きなエアインテークで個性的な表情を与えている。

また、全長3620mm×全高1545mm×全幅1650mmというコンパクトサイズながら、車体の四隅に配置されたタイヤによって、前モデルより125mm長い2490mmのホイールベースを確保し、広々としたキャビンスペースを実現。室内は大きなフロントウインドウとサイドウィンドウ、高いアイポイントのシートによって、見晴らしの良い空間とした。

ボディカラーはブルードラジェ、ルージュフラムM、ジョンエクレール、ブルーメディテラネM、カプチーノM、ブランクリスタルの6色、インテリアカラーはブルー、ルージュ、ブラン(白)の3色を用意する。

価格はインテンスが189万円、キャンバストップが199万円。メタリックカラーは3万2400円高。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7月13日(水)19時0分

レスポンス