ここから本文です

宇良、十両で4連勝 勝利の瞬間、思わず“ガッツポーズ”

デイリースポーツ 7月13日(水)15時34分配信

「大相撲名古屋場所4日目」(13日、愛知県体育館)

 奇手居反りで知られる西十両8枚目の宇良(24)=木瀬=は新十両の大輝を引き落として初日から4連勝とした。

 立ち合いは右に変化気味に動いたものの大輝についてこられ、一時は防戦となったが、土俵中央で頭をつけてしばし様子を見た後、機を見てこん身の引き落としを決めた。勝利の瞬間には学生時代の習慣が抜けないのか“ガッツポーズ”も見せた。

 取り組み後はいつものように冷静な口調で「立ち合いは考えました。いろいろ自分なりにです。計画とは違ったけど(引き落としが)タイミングがよかったから決まった。よかったと思います」と振り返った。

 “ガッツポーズ”には「手首が痛かったです」と煙に巻いた。

 初日から無傷の4連勝。同期生でジュニア時代からしのぎを削ってきた大輝にはこれで4勝1敗となった。「すごいですね」と静かに自画自賛した。

最終更新:7月13日(水)16時20分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]