ここから本文です

“五輪出場”テコンドー韓国代表「みんなが笑って帰国したい」

WoW!Korea 7月13日(水)16時8分配信

韓国の“国技”テコンドーの韓国代表がリオデジャネイロオリンピックを控え、メディアデー行事をおこなった。13日、ソウル・テルン(泰陵)選手村でおこなわれたメディアデーには、テコンドーの代表選手団とコーチングスタッフ、そしてイ・スンファン会長ら協会関係者が出席した。

 リオ五輪には男子部から58kg級キム・テフン(21)、68kg級イ・デフン(24)、80kg級チャ・ドンミン(29)が、女子部からは49kg級キム・ソヒ(22)、67kg級オ・ヘリが出場する。現在、金メダルの可能性が高い選手は男子部のイ・デフンとチャ・ドンミン、女子部のキム・ソヒとオ・ヘリだ。

 パク・ジョンマン総監督は「2月から選手村に入村し、最善を尽くして努力してきた。競争国家の戦術分析はすべて終えた状態」としながら、「五輪終了時にみんなが笑って帰国できるよう、最後までベストを尽くす」と意気込んだ。

 韓国は2000年のシドニーから正式種目に採択されて以降、金メダル10、銀メダル2、銅メダル2を獲得している。

 最近、テコンドーの底辺が大きく拡大し、他国選手の実力が上向きとなり、金メダル獲得が以前のように容易ではない状況だ。今大会は世界ランキングが適用され、いままでの五輪の中で最も多い選手団が出場する。

最終更新:7月13日(水)16時8分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]