ここから本文です

リオ五輪柔道81キロ級代表・永瀬 金メダルで母校に恩返し

東スポWeb 7月13日(水)18時30分配信

 筑波大学のリオデジャネイロ五輪壮行会が13日、茨城・つくば市の同大学で行われ、柔道男子81キロ級代表の永瀬貴規(22=旭化成)が出席した。

 応援部によるエールや学長などから激励の言葉をもらった永瀬は「元気をいただきました。支えてくれる方々には、結果で恩返ししたいと思います」と語った。昨年の世界選手権、マスターズで優勝。今回の五輪でも一躍金メダル候補に躍り出ている。その成長のきっかけとなったのが、筑波大2年のときに出場したユニバーシアードだった。

「ここで優勝したことで一気に成長することができました。筑波大学は自主性が重んじられる。柔道でも自分で考える力が養われました」と母校に感謝しているという。

 現在はケガもなく調整も順調。永瀬は初めての五輪で金メダル獲得を狙うつもりだ。

最終更新:7月13日(水)18時35分

東スポWeb