ここから本文です

「和牛」水田が「後のM‐1チャンプ・水田」に改名?

東スポWeb 7月13日(水)18時40分配信

 若手お笑いコンビの「アキナ」「和牛」「アインシュタイン」が13日、大阪市内で、3組合同ライブ「アキナ牛(ぎゅう)シュタイン」(9月14日)の記者会見に出席した。

 3組はこれまで同名ライブを月1回ペースで開催してきたが、このほど総動員数1万人を達成。これを記念して過去最大となる定員1000人の「メルパルク大阪」でライブを開催し、チケットが完売しなければ、6人のうち1人が改名するという公約を発表した。

 その1人を決めるくじ引きが行われ、昨年のM‐1グランプリの決勝に進出した和牛のボケ担当・水田信二(36)に決定。「最悪や~!」と嫌がりながらも「『後のM―1チャンプ・水田』にしようかな」とぶつぶつ。

 さらに「(たけし軍団のように)ビートたけしさんに決めてほしい」と言いだすと、他のメンバーは「たけしさんが付ける名前って、なべやかんさんとかグレート義太夫さんとか、よう考えたら嫌じゃない(笑い)」と却下した。

 結果発表はライブ当日に行われ、改名となった場合、水田以外の5人のメンバーが新たな芸名を決めるという。

最終更新:7月13日(水)18時40分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。