ここから本文です

宇多丸、尾崎世界観、ウイカらの映画論掲載「観ずに死ねるか!音楽シネマ」刊行

音楽ナタリー 7月13日(水)16時6分配信

著名人の映画論を収録した書籍「観ずに死ねるか!傑作音楽シネマ88」が、7月29日に発売される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「観ずに死ねるか!」は、これまでに韓国映画編、ドキュメンタリー編、青春シネマ邦画編、絶望編が刊行されてきた映画論シリーズ。第5弾となる「傑作音楽シネマ」には鮎川誠(SHEENA & THE ROKKETS)、宇多丸(RHYMESTER)、大槻ケンヂ(筋肉少女帯、特撮)、渡辺大知(黒猫チェルシー)、尾崎世界観(クリープハイプ)、ファーストサマーウイカ(BILLIE IDLE)らアーティストのほか、映画監督の大根仁や入江悠、お笑い芸人の塙宣之(ナイツ)といった面々が総勢70人参加している。

また本著の出版を記念し、9月3~16日に東京・テアトル新宿でトークイベント付き上映会が開催される。上映作品や出演ゲストは後日発表予定。

「観ずに死ねるか!傑作音楽シネマ88」収録内容(作品タイトル / 選者)
第1章 ヤァ!ヤァ!ヤァ!
・「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」 / 告井延隆(ギタリスト)・「エレキの若大将」 / 松崎まこと(映画活動家、放送作家)・「星くず兄弟の伝説」 / 白石晃士(映画監督)・「私たちのハァハァ」 / 大谷ノブ彦(ダイノジ / お笑い芸人)・「ブルース・ブラザース」 / 鮎川誠(SHEENA & THE ROKKETS / ミュージシャン)・「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」 / 三留まゆみ(映画イラストライター)・「リンダ リンダ リンダ」 / 板谷由夏(女優)・「サタデー・ナイト・フィーバー」 / 内田春菊(漫画家、小説家)・「青春デンデケデケデケ」 / モルモット吉田(映画評論家、ライター)・「パイレーツ・ロック」 / ピーター・バラカン(ラジオDJ)・「WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」 / 掟ポルシェ(音楽家 / アイドル評論家)・「映画 けいおん!」 / サンキュータツオ(米粒写経 / お笑い芸人)・「こまどり姉妹がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」 / 三留まゆみ(映画イラストライター)

第2章 Songs
・「歌行燈」 / 入江悠(映画監督)・「晴れ姿 伊豆の佐太郎」 / 根岸洋之(映画プロデューサー)・「東京ナイト」 / 高橋洋二(放送作家)・「豊田道倫 映像集」 / 岩淵弘樹(映画監督)・「恋のゆくえ ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」 / 松崎健夫(映画評論家)・「ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌」 / 松江哲明(ドキュメンタリー映画監督)・「愛と誠」 / 篠崎真紀(イラストレーター、ライター)・「ライブテープ」「トーキョードリフター」「フラッシュバックメモリーズ 3D」 / 成海璃子(女優)・「once ダブリンの街角で」 / 大根仁(映像ディレクター)・「フェーム」 / 花くまゆうさく(漫画家)・「ナッシュビル」 / 高木壮太(ミュージシャン)・「はじまりのうた」 / 松江哲明(ドキュメンタリー映画監督)・「ロッキー・ホラー・ショー」 / ROLLY(エンターテイナー)・「センチメンタル・アドベンチャー」 / 根岸洋之(映画プロデューサー)・「ナビィの恋」 / 佐々木俊尚(作家、ジャーナリスト)・「バングラデシュのコンサート」 / みうらじゅん(イラストレーターなど)

第3章 Legend
・「5つの銅貨」 / 立川志らく(落語家)・「処女ゲバゲバ」「ゆけゆけ二度目の処女」ほか / 渚ようこ(歌手)・「ラ★バンバ」 / 森直人(映画ライター)・「エルビス・オン・ステージ」 / 湯川れい子(音楽評論家、作詞家)・「永遠のモータウン」 / 岩崎太整(作曲家)・「タカダワタル的」「タカダワタル的ゼロ」 / 佐野史郎(俳優)・「Ray(レイ)」 / 古泉智浩(漫画家)・「ウッドストック 愛と平和と音楽の三日間」 / 山本直樹(漫画家)・「ジャージー・ボーイズ」 / 川本三郎(評論家)・「シュガーマン 奇跡に愛された男」 / 清水節(編集者、映画評論家)・「バード」 / 冨永昌敬(映画監督)・「ワイルド・スタイル」 / 宇多丸(RHYMESTER / ラッパー、ラジオパーソナリティ)・「ムーンウォーカー」 / 佐々木誠(映像ディレクター、映画監督)・「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」 / 辛酸なめ子(漫画家、コラムニスト)・「アトムの足音が聞こえる」 / 佐々木敦(批評家)

第4章 Music Life
・「右側に気をつけろ」 / 樋口泰人(「爆音映画祭」主催人)・「メタリカ:真実の瞬間」 / 深町秋生(ミステリー作家)・「あの頃ペニー・レインと」 / 九龍ジョー(編集者、ライター)・「光にふれる」 / 中井圭(映画解説者)・「色即ぜねれいしょん」 / 内田春菊(漫画家、小説家)・「あがた森魚ややデラックス」 / 森達也(作家、映画監督、明治大学特任教授)・「DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~」 / 塙宣之(ナイツ / お笑い芸人)・「オーバー・ザ・ブルースカイ」 / 真魚八重子(映画著述業)・「ギター弾きの恋」 / 佐々木誠(映像ディレクター、映画監督)・「テネイシャスD 運命のピックをさがせ!」 / アサダアツシ(放送作家、脚本家)・「ドキュメント灰野敬二」 / 能町みね子(自称漫画家)・「ワイルド・マン・ブルース」 / ケラリーノ・サンドロヴィッチ(劇作家、演出家、音楽家、映画監督)・「ドリームガールズ」 / 金子修介(映画監督)・「嗚呼!おんなたち猥歌」 / 樋口毅宏(作家)・「祭爆 SAIBAKU ~までぃに三味線奏でるべ~」 / 森世一(新宿ゴールデン街「談SINGシネマ」店主)・「ラストコンサート」 / 清水節(編集者、映画評論家)・「ハイ・フィデリティ」 / 伊賀大介(スタイリスト)

第5章 Passion
・「セッション」 / オダギリジョー(俳優)・「ストレイト・アウタ・コンプトン」 / 長谷川町蔵(ライター)・「劇場版 どついたるねんライブ」 / 九龍ジョー(編集者、ライター)・「ドラムライン」 / ファーストサマーウイカ(BILLIE IDLE / アーティスト)・「THIS IS ENGLAND」 / 鮫肌文殊(放送作家)・「グミ・チョコレート・パイン」 / 大槻ケンヂ(筋肉少女帯、特撮 / ロックミュージシャン、作家)・「ファントム・オブ・パラダイス」 / 近田春夫(ロックンローラー)・「アメリカン・グラフィティ」 / 渡辺大知(黒猫チェルシー / ミュージシャン)・「SRサイタマノラッパー」シリーズ、「TOKYO TRIBE」 / 磯部涼(音楽ライター)・「ザ・コミットメンツ」 / 山下敦弘(映画監督)・「さらば青春の光」 / カンパニー松尾(AV監督)・「タレンタイム」 / 森岡龍(俳優、映画監督)・「スクール・オブ・ロック」 / 長谷川町蔵(ライター)・「自分の事ばかりで情けなくなるよ」 / 尾崎世界観(クリープハイプ / ミュージシャン)・「自由と壁とヒップホップ」 / 森達也(作家、映画監督、明治大学特任教授)・「ウォールフラワー」 / 中井圭(映画解説者)

ミニ特集
・ボクが痺れたストーンズCINEMA / しゅりんぷ小林(漫画家)・音楽映画のメインストリーム ボリウッドを観ずに死ねるか! / サラーム海上(音楽評論家、DJ、中東料理研究家)・カリスマは絶えず現実をシニカルに見続けている 映画の中のボブ・ディラン / 湯浅学(音楽評論家)・AKB48、乃木坂46、ももクロ 今どきアイドル映画は<ドキュメンタリー的>な文脈で語られる / 松崎健夫(映画評論家)

最終更新:7月13日(水)16時6分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。