ここから本文です

米ミサイルTHAADの配置先に…星州郡民たちが国防部で抗議デモ=韓国

WoW!Korea 7月13日(水)17時38分配信

13日午後3時、THAAD(終末高高度防衛ミサイル)の配置場所が発表され、配置地域に決定した慶北(キョンブク)・星州郡(ソンジュグン)の郡民たちがソウルにある韓国国防部を訪れ、「我々は犬・豚ではない」と強く反発している。

 キム・ハンゴン星州郡主やペ・ジェマン郡議会会長、イ・ジェボクTHAAD星州配置反対汎郡民非常対策委員長ら約200人はこの日午後4時頃、ソウル・龍山区(ヨンサング)国防部コンベンションセンターにて、THAAD配置場所に星州を選定したことに対して抗議した。 慶北の漆谷(チルコク)・星州・高霊(コリョン)のイ・ワンヨンセヌリ党議員も同じ時刻、郡民らに同行した。

 キム郡主は到着直後に開いた記者会見で「突然のTHAAD配置決定に、郡民みんなが驚いている。星州を担保にして我が国の安保を守るのは話にもならない」と述べた。

 当初、彼らは国防部が設けた説明団のTHAAD配置説明を聞く予定だったが、説明会場であるコンベンションセンター1階に入るとすぐに「国防部長官が出てくるまで対話を拒否する」として、長官が直接釈明することを要請した。

最終更新:7月13日(水)17時39分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。