ここから本文です

「防弾少年団」、ノルウェーで見せた青年たちの愉快な魅力

WoW!Korea 7月13日(水)19時15分配信

メンバーVの合流で全員が集まった「防弾少年団」は、とても愉快で心強かった。

 12日午後、ポータルサイトNAVER 「V LIVE+(ブイライブプラス)」を通じて「BON VOYAGE EP 2. ベルゲンでの出来事(with テテの冒険)」が公開された。「防弾少年団」のノルウェー旅行記には、のんびりした休暇の映像とメンバーのナチュラルな魅力が盛りこまれ、ファンに特別なプレゼントとなった。

防弾少年団のプロフィールと写真

 今回公開された第2回の映像では、メンバーのVがドラマの撮影のため一日遅れて「防弾少年団」の休暇に合流。Vはひとりでベルゲンに到着して宿所を訪ね、食事をしながら市内観光を楽しんだ。 先に到着したメンバーは、ハイキングとケーブルカーで観光を楽しんだ。気持ちのよいエネルギーにあふれるメンバーたちは、道ばたで即席のダンスパフォーマンスを披露。RAP MONSTERはカバンを探すためにラップの公演をするなど誰よりもにぎやかな休暇だった。

 「防弾少年団」の「BON VOYAGE」はステージとは違った魅力をファンにアピールしている。旅先でのリラックスした日常の映像を収めながら、ステージでのカリスマと普段のお茶目な姿を同時にみせてくれるようだ。彼らは企画意図に忠実に従って茶目っ気ある姿を披露し、見る人に愉快なヒーリングを与えた。

 本格的な旅行記として楽しさも増した。スーツケース紛失事件に続いて、ケーブルカーのチケットとカバンを紛失する事件まで起き、ダイナミックな旅行が続いた。全員が団結してお互いを気遣いながら、一緒にいるからより楽しい「防弾少年団」はいっそう魅力的だった。息つく暇もないほどの「防弾少年団」の愉快な休暇。次のエピソードがいっそう期待される。

最終更新:7月13日(水)19時15分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。