ここから本文です

「ジョジョ」露伴が仗助たちをスケッチ!? 第4部の一番くじ

コミックナタリー 7月13日(水)17時17分配信

荒木飛呂彦原作によるテレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」を題材とした「一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない~ドララララララララーッ~」が、8月13日より全国の書店やホビーショップなどで展開される。価格は1回520円。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない~ドララララララララーッ~」には、全8等級25種のアイテムが登場。A賞のタペストリーは、アニメキービジュアルをアレンジしたイラストがデザインされている。またB賞からE賞に並んだのは仗助、億泰、康一、露伴とそれぞれのスタンドがプリントされたタオル。いずれのイラストも、露伴がスケッチしたというイメージで描かれている。

続くF賞にはスタンドグラス、G賞にはソフトバッジセット、H賞にはラバーストラップを用意。さらに店舗で最後のくじを引いた人にはラストワン賞として、ジョジョのモチーフと擬音を散りばめたドラム缶バッグを進呈。くじの半券から応募できるダブルチャンスキャンペーンではA賞でもらえるタペストリーが100名にプレゼントされる。

「一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない~ドララララララララーッ~」
A賞:「スペシャルタペストリー」(全1種)B賞:「東方仗助アートタオル」(全1種)C賞:「広瀬康一アートタオル」(全1種)D賞:「岸辺露伴アートタオル」(全1種)F賞:「スタンドグラス」(全4種)G賞:「ソフトバッジセット」(全6種)H賞:「ラバーストラップ」(全10種)ラストワン賞:「ドララララララララドラム缶バッグ」(全1種)ダブルチャンスキャンペーン:「スペシャルタペストリー」(全1種)

(c)CLUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険DU製作委員会

最終更新:7月13日(水)17時17分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。