ここから本文です

腕に表示して触らず操作できる仮想キーボード「ARmKeypad Air」 NECが開発

ITmedia PC USER 7月13日(水)16時34分配信

 NECは7月13日、AR(拡張現実)対応のウェアラブルグラスを用いて、作業者の腕に仮想キーボードを表示し、非接触での操作を可能にする「ARmKeypad Air(アームキーパッド・エアー)」を開発したと発表した。

【画像】ウェアラブルグラスをかえると、腕にキーボードが映って見える

 AR対応のウェアラブルグラスと画像認識技術を組み合わせることで、業務のハンズフリー化を実現する技術。AR対応のウェアラブルグラスをかけて、QRコードなどのARマーカー(企業ロゴなども可)の付いた手元を画像認識することで、仮想キーボードが前腕に表示され、非接触による指のジェスチャー動作でキー入力が行える。

 前腕上に大きなキーエリアを配置し、キーレイアウトの変更、フリック操作による表示データの入れ替えが可能。認識の精度と速度を高めるなど、操作性に配慮した。

 同社は腕に映し出した仮想キーボードをタッチ(振動)で操作する技術「ARmKeypad」を2015年11月に発表済みだが、ARmKeypad Airでは振動を検出するウェアラブルウォッチが省かれ、接触せずにキー入力が可能となった。

 機器の装着により製品を傷つける可能性のある製品ライン、接触による菌の転移が課題となる食品加工プロセス、油などで手が汚れる作業現場といった製造現場、あるいは接触による衛生面を気にする医療現場などでの導入を想定している。

 同社はARmKeypad Airを「国際モダンホスピタルショウ2016」(7月13日~15日に東京ビッグサイトで開催)に出展する。

最終更新:7月13日(水)16時34分

ITmedia PC USER