ここから本文です

【ジュライS】前走の桃山Sで超速タイム出したマスクゾロの走りに注目

東スポWeb 7月13日(水)21時45分配信

【ジュライS(日曜=17日、中京ダート1800メートル)栗東発トレセン秘話】ダート戦の「良」と「不良」では一体どれくらいの時計差があるのだろうか?

「馬場がどれだけ渋ったかにもよるとは思うけど、良と重でも1秒ぐらい差があるし、不良だったら2秒程度は変わってくるんじゃないか」(某調教師)

 だとすれば、日曜中京メーンのジュライSに出走するマスクゾロが、前走の1600万下・桃山S(京都ダート1900メートル)でマークした勝ち時計は、日本レコードに匹敵する超速タイムだったことになる。

 ダート1900メートルの日本レコードは、2011年に不良馬場で行われたGII東海S(京都)でワンダーアキュートがマークした1分53秒7。対するマスクゾロの桃山Sは全体的に時計が出ていたとはいえ、良馬場で1分55秒9。単純にそこから2秒差し引くと、日本レコードに0秒2差まで迫ることになるのだ。

「前走があれだけ強かったので、重賞を使いたかった。出れていたら、きっといい勝負になっていたと思う」とマスクゾロの調教役の内山助手は、GIII平安Sの除外を残念そうに振り返る。実際、アスカノロマンの5馬身差圧勝に終わった平安Sの勝ち時計は1分56秒2止まり。机上の計算では十分勝負になっていたことになる。

「デビュー前から馬っぷりはすごかったし、走ってくる馬だと思っていたんだ。脚部不安とかがあって、なかなか順調に使えなかったけど、今は脚元も落ち着いているし、稽古もしっかりやれるようになってきたからね。今の状態なら重賞も意識できるよ」(内山助手)

 今後、ダート重賞路線で戦っていくためには、このオープン特別はきっちり結果を出しておく必要があり、内山助手も「平安Sも出走できていたら秋山でいく予定だったけど、アイツもこの馬は手放したくないと思っているはず。ここは何とかしておきたいし、何とかしてくれるんじゃないか」と必勝を誓っている。

 桃山Sの時計の価値は果たして!?“怪傑ゾロ”の痛快な走りに注目してほしい。

最終更新:7月13日(水)21時45分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]