ここから本文です

DISH//北村匠海「寺尾聰さんは“大仲間”」ドラマ会見で憧れ語る

音楽ナタリー 7月13日(水)18時11分配信

7月17日(日)にTBS系でスタートする日曜劇場「仰げば尊し」の舞台挨拶が本日7月13日に東京・スペースFS汐留にて行われ、主演の寺尾聰、北村匠海(DISH//)、石井杏奈(E-girls)真剣佑、村上虹郎、太賀、佐野岳、多部未華子が登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「仰げば尊し」は神奈川県・横須賀の高校を舞台に、“音楽の甲子園”を目指す吹奏楽部の顧問と生徒の姿を描くヒューマンドラマ。主人公であるサックス奏者の元プロミュージシャン・樋熊迎一を寺尾が、その娘・奈津紀を多部未華子が演じ、生徒役として北村、石井、真剣佑、村上、太賀、佐野らが出演する。

登壇者は挨拶の前に行われた上映会で作品を鑑賞し、真剣佑は「ググッと胸に迫るものがあって、ウルウルしてしまいました。胸を打たれるドラマだと思うので、早く皆さんに観てほしいです」と語る。すると彼の隣に座っていたという北村が「序盤からポロポロと泣いてたよね?」と明かし、会場は和やかなムードに包まれた。

北村は寺尾との共演について「芝居中もそうでないときも、いろいろなことを教えてくださって。寺尾さんは僕にとって、演技でも音楽でも、すごく偉大な存在なんです。これまで、僕の『恩師』と言える先生は小学校の先生だったんですが、寺尾聰さんも『大先生』と言わせていただきたいです」と熱い思いを語った。するとこれを聞いていた寺尾は「(先生ではなくて)仲間!」と北村の言葉を訂正する。寺尾の言葉に、北村は「……“大仲間”です!」とはにかんだ。また、吹奏楽部の部長役の石井は現場の雰囲気について司会者に問われ「寺尾さんがいろんなお話をしてくださって、にぎやかな現場です。撮影と並行して、みんな楽器も絶賛練習中です」とコメントした。

主演として若手俳優たちと作品を作り上げていく寺尾は「この作品には次世代のビッグスターがずらっとそろっているんです。みんな感受性が豊かで、毎日会うたびに『あ、変わったな』と成長を感じる。私も負けちゃいられないと、刺激を受けています」と笑顔を見せる。また真剣佑、北村らが演じる不良グループのリーダー的存在である青島祐人を演じる村上は「このドラマは『ROOKIES』ではありません!」と笑いを誘い「今作品を観ていて、単純にこのドラマが好きだなって思いました。皆さんに広めていただけたらうれしいです」と呼びかけていた。

TBS系日曜劇場「仰げば尊し」
2016年7月17日(日)21:00~22:19※以降毎週日曜日21:00~21:54<出演者>寺尾聰 / 多部未華子 / 真剣佑 / 村上虹郎 / 石井杏奈(E-girls) / 北村匠海(DISH//) / 太賀 / 佐野岳 / 矢本悠馬 / 健太郎 / 藤原薫 / 水上京香 / 岡崎紗絵 / 尾美としのり / 升毅 / 石坂浩二 / and more

最終更新:7月13日(水)18時11分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。