ここから本文です

真剣佑、村上虹郎、北村匠海、佐野岳ら「仰げば尊し」舞台挨拶で寺尾聰から太鼓判

映画ナタリー 7月13日(水)18時20分配信

7月17日より放送開始となるテレビドラマ「仰げば尊し」の舞台挨拶が本日7月13日、東京・スペースFS汐留にて行われ、キャストの寺尾聰、多部未華子、真剣佑、村上虹郎、石井杏奈(E-girls)、北村匠海(DISH//)、太賀、佐野岳が登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

実話をもとにした本作は、無名高校の吹奏楽部を情熱あふれる指導で変えていく顧問を軸に、生徒や家族たちとの絆を描く青春ドラマ。「僕だけがいない街」やドラマ「天皇の料理番」などを手がけてきた平川雄一朗らが演出を担当する。

吹奏楽部に顧問として招かれる元サックス奏者・樋熊迎一を演じた寺尾は、若手俳優との仕事に対して「俳優はいつも自分の年齢を考えずにやっています。おじいちゃんと孫ぐらいの歳の差があると思うんですけど、いつも自分が最前線だと思って演じている。みんなにもそう(考えるよう)話してます」とコメント。迎一の娘・奈津紀役の多部は現場での寺尾について「よくしゃべる方で。何を話したかと聞かれると覚えていないぐらい」と裏話を語り、会場の笑いを誘う。

舞台挨拶前にダイジェスト映像を観たという真剣佑は「演じていながら、映像を観て改めて胸を打たれました」と吐露。また「僕はずっとアメリカに住んでいたんですけど、向こうにいた頃から学園ものに憧れを抱いてて、いつか出たいと思っていた。僕が観てきた青春ドラマとは一味も二味も違う、感動できる作品になっています」と観客の期待を煽る。

「真剣佑くんが隣でぽろぽろ泣いてる中、ダイジェスト映像を観た」と暴露した北村は「芝居をしてても、芝居の外でも寺尾聰さんがいろいろな話をしてくださって」と撮影現場を振り返る。「寺尾聰さんは、大先生と呼ばせていただきたいぐらい偉大な……」と北村が続けると、寺尾は「仲間!」と口を挟む。その言葉に北村は「はい。大仲間です!」と応答した。

不良グループを束ねる青島裕人に扮する村上は「(ダイジェスト映像を観た)真剣佑に『よかったよ』と言われて安心した」と声を弾ませる。村上の印象を聞かれた太賀は「小さい恐竜みたいですね」と回答。「ひょうひょうとしているんですけど、その中でも一生懸命に考えているし、作品をよくしようとしているのが伝わってくる」と太賀が言葉を重ねると、村上は照れたように笑った。

作品の見どころを聞かれた佐野は「ドラマの中に『音楽は心だ』というセリフがあるんですが、監督から『芝居も心だ』と言われて。その通りだなと思いましたし、これからも心で演じていきたいと考えています。それを感じていただければ」と返答する。同じ質問を受けた寺尾は「次のビッグスターがずらっとそろっている」と断言。続けて「みんな感受性がとっても豊かで、会うたびに『あれ、変わった』と感じられて、毎日が楽しみ。僕も負けちゃいられないなあと思うし、すごく刺激を受けている」と胸の内を明かした。

仰げば尊し
TBS系 2015年7月17日(日)スタート 毎週日曜 21:00~※第1話は25分拡大<出演者>寺尾聰 / 多部未華子 / 真剣佑 / 村上虹郎 / 石井杏奈(E-girls)/ 北村匠海(DISH//)/ 太賀 / 佐野岳 / 石坂浩二ほか

最終更新:7月13日(水)18時20分

映画ナタリー