ここから本文です

「どこでもドア」実証実験、秋にスタート 扉数が異なる列車に対応したホームドア

ITmedia ニュース 7月13日(水)17時23分配信

 三菱重工交通機器エンジニアリングは、扉数・扉位置が異なる列車にも正確に対応する改良型ホームドア「どこでもドア」の実証実験を、今秋から京急久里浜線の三浦海岸駅(神奈川県三浦市)で始める。

 どこでもドアは、2、3、4扉車に対応したホームドア。実証実験では、三浦海岸駅1番線の1車両分にどこでもドアのプロトタイプを設置し、実際の運用環境のもとでの安全性・耐久性を検証する。

 車両改修不要で、地上設備のみでホームドア開閉の連携ができる「地上完結型簡易連携システム」の実証も行う。

 同社は、電動式扉自動開閉装置などの分野で「どこでもドア」の商標を取得している。

最終更新:7月13日(水)17時23分

ITmedia ニュース