ここから本文です

阪神 岩崎が六回途中で降板、江越はスーパープレー

デイリースポーツ 7月13日(水)20時33分配信

 「ヤクルト-阪神」(13日、神宮球場)

 先発・岩崎が六回途中で降板。5回0/3を4安打1失点だった。

 五回、先頭の西田に低めの直球を左翼席へ運ばれソロ本塁打を被弾。1点リードで迎えた六回には、先頭の川端に四球を与えると続く山田に左前打。無死一、二塁のピンチを招き、ここで金本監督から交代を告げられた。

 2番手のマウンドに登ったマテオは、バレンティンに右中間への大きな打球を打たれるも、中堅手・江越が飛び込みながら捕球するビッグプレー。西田も一ゴロに打ち取りピンチを脱した。

最終更新:7月14日(木)15時14分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。