ここから本文です

木久扇 息子・木久蔵との花火に涙…最後に見たのは師弟になる前

デイリースポーツ 7月13日(水)20時39分配信

 林家木久扇(78)、林家木久蔵(40)親子が13日、日本テレビ系で放送された「ヨルナンデス!」に出演。25年ぶりに見る息子との花火に、涙した。

 ウッチャンナンチャン・南原清隆、博多華丸・大吉らと伊豆ロケ。旅の締めくくりに特注花火が打ち上げられ、木久扇は「うわ~!」と手を叩いて喜び、次第に目を潤ませた。

 実は息子の木久蔵と花火を見るのは、25年ぶり。木久蔵が入門し、師弟関係になる前だったといい、木久扇は「高校生だったからね~」と師弟ではなく、“父と息子”の関係だった当時を思い出し、感慨深げだった。

 盛大な花火が終わると、木久扇は「驚いた~」「もう感激」と話し、タオルで顔をぬぐった。目は真っ赤で、涙の話題に触れられまいとしてか、「つばがいっぱい沸いてきた」と笑わせた。

最終更新:7月13日(水)20時45分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。