ここから本文です

利用シーンが広がって便利――「Moto G4 Plus」のLTE/3G同時待受を試す

ITmedia Mobile 7月13日(水)22時29分配信

 モトローラ・モビリティ・ジャパンが7月22日に発売するSIMロックフリースマートフォン「Moto G4 Plus」は、3GとLTEの同時待受(デュアルスタンバイ)に対応しているのが大きな特徴。日本でもデュアルSIMに対応したスマートフォンは登場したが、そのほとんどがGSMとLTEの組み合わせだったので、日本国内ではLTEのSIMカード1枚しか利用できなかった。

【ドコモ契約のSIMをMoto G4 Plusで使える?】

 3GとLTEの同時待受に対応したMoto G4 Plusなら、日本国内で通話用とデータ通信用のSIMカードを使い分けられる。例えば「ドコモ」と「MVNOの格安SIM(以下=格安SIM)」を契約している場合、ドコモ端末からMoto G4 Plusに乗り換えつつ、1台でドコモSIMと格安SIMを運用できる。ドコモ回線のSIMとY!mobile SIMの併用も可能だ。

 仕事とプライベートで端末を分けている人も、ドコモ系かY!mobileのSIMならMoto G4 Plusに統合できる。海外を訪れた際は、データ通信は現地のSIMを、通話は日本のSIMを1台で使えるので、「通話用」「データ通信用」と端末を分ける必要がなくなる。

 今回、Moto G4 Plusの実機を試す機会を得たので、デュアルSIMの使い勝手を確認した。筆者の場合、「SIM1」には「IIJmio」のデータSIMを、「SIM2」にはNTTドコモの音声SIM(spモード契約)を挿し、データ通信をIIJmioで、音声通話をspモードで使うことにした。

 同時待受を利用するにあたり、いくつか理解しておきたいことがある。

 まず、Moto G4 PlusではLTEの同時待受はできず、必ず一方は3Gでの通話用になる。「設定」→「SIMカード」→「優先SIM」から、データ通信、通話、SMSでどちらのSIMカードを優先的に使うかを設定できる。通話は(LTE上で高品質な通話ができる)VoLTE、データ通信もLTEを使いたいというニーズもあるだろうが、Moto G4 PlusはそもそもVoLTEに対応していないので、仮に通話用にLTEを使えても恩恵はないだろう。

 通話用に設定したSIMは、そのままだとデータ通信はできないが、優先SIMを通話からデータ通信に変更すれば、データ通信ができるようになる。SIM 2枚のデータ容量を1台の端末で使えて便利だ。例えばIIJmioの月間容量を使い果たし、データ通信をspモードに切り替えたい場合、優先SIMの設定をspモードに変更すればよい。

 APN設定は、もちろん2つのSIMどちらも行う必要がある。Moto G4 Plusの場合、主要な格安SIMのAPNはプリセットされているので、「設定」→「もっと見る」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」から該当サービスを選択するだけでよい。spモードのAPNはプリセットされていないが、「APN」を「spmode.ne.jp」と入力すればデータ通信が可能になる。

 Moto G4 Plusが採用する同時待受「DSDS(Dual Sim Dual Standby)」では、通話中はデータ通信が利用できなくなるので注意したい。着信があった場合に「着信」と「データ通信」のどちらを優先するかをあらかじめ設定しておくことはできるが、通話中にデータ通信をすることが多い人は注意したい。ちなみに、音声SIM1枚だけを利用する場合、音声通話中にデータ通信をすることは可能だ。

 なお、ドコモ回線を使用した格安SIMを入れると、「ドコモのSIM」と認識され、「NTT DOCOMO」と表示されしまう。本家のドコモSIMと併用すると、どちらも「NTT DOCOMO」と表示されて紛らわしいので、格安SIMの名前を変更しておこう。

 慣れるまで設定で戸惑うことが少しあったが、LTE/3Gの同時待受が可能になったことで、SIMロックフリースマホの利便性が大きく向上したことは確か。他にも、Moto G4 Plusのような機種が増えてくれることを期待したい。

最終更新:7月13日(水)22時29分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]