ここから本文です

広島・黒田「結果で応えたかった」日米200勝は後半戦に持ち越し

デイリースポーツ 7月13日(水)22時49分配信

 「広島0-6巨人」(13日、マツダ)

 日米通算200勝に王手をかけている広島・黒田博樹投手が七回途中、10安打6失点で降板。6敗目を喫し、偉業達成は後半戦に持ち越しになった。

 二回、先頭の阿部に5号右越えソロを浴び先制点を献上。三回以降は立ち直ったものの六回、再び阿部に右前適時打を許して追加点を与えると、村田の11号左越え2ランでリードを4点に広げられた。

 七回にも失点し、球数が110球を数えたところで緒方監督が交代を告げた。来場者全員に200勝応援ポスターが配られ、大歓声に包まれた中で臨んだ一戦。黒田は「五回までは何とかしのいだけど。たくさん応援に来てもらった。結果で応えたかった」と振り返った。

最終更新:7月13日(水)23時5分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。